ボイストレーニングについて

life

今回は!会社でコロナが出たということでしばらくおやすみになりましたということで

暇なんでボーカルのことを説明したいと思います←
(さらっと凄いことゆったで)

リップロール

唇を「ぷるるるるるるるるる~~~」ってよくボーカルの人が

歌を歌う前やボイトレの時にやってます。

あれってなんやのん?と言いますと。

息の量を調節してるんです。

息の量って意外とめっちゃ大切。

息の量が正しくないと音程声の安定さに欠けてしまいます。

息が続かなくて(息が足りなくて)だんだん音程が下がっていく

例えば息の調節ができてない人が歌うと

「きみはき~れいだああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(*´Д`;;;;)ハァハァハァ」
Official髭男dism Pretenderより

となって最後の方は「だああぁぁぁ↓↓↓」と下がってまう。

ここはしっかり「君は綺麗だああああああああ」→→っと

音程を下げずに遠くまで届けるように歌うところです。

まずリップロールで歌えるようにしてみましょう。

無駄な息を吐くことを改善してくれるのがリップロールです。

音痴を克服

なぜ音痴か。

自分の声を聞いていない、もしくは聞こえない

音痴ってわかってる時点で音程がおかしいというのは分かっているので安心です。

改善点としては、自分の声を聞けばいい。見ればいい。

自分の声を聞く。
それはもちろん録音や動画にとることです。

見ればいい。
それはチューナーを持っている人はそれを使ったり、音程のアプリを使ってみるのが方法です。

ボーカル音程モニター - Google Play のアプリ
マイクから入力した音声の音程をリアルタイムにグラフにして表示するアプリです。 横軸が時間、縦軸が音階になっています。 カラオケや楽器の練習に使えます。 【特徴】 ・マイクから入力した音程をリアルタイムに表示 ・C1からB7までの7オクターブを表示 ・表示範囲を自動でスクロール ・現在の音階を画面上部に文字で表示 ・画...

自分の声がなんの音を発しているのか、原曲の音はどの音なのか、

意識して見て感じて発してみるのがいいでしょう。

リズムの克服

踊っちゃいな。

最後適当になっちゃった←

また詳しくは続きます(*’ω’*)♬歌うたいたいけど、

カラオケやスタジオはコロナが怖くて行けないね~・・・・

みんなお家で全力で歌える環境??

私は歌えないな~~~~。。。。

しばらく全力で歌っていないので、絶対に音痴になっているでしょう。カナシミ~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました